カードローンをアルバイトで利用する

アルバイトでもカードローンは利用できるのか

アルバイトをしている方でカードローンを利用したいと考えている方は結構いるのではないでしょうか?アルバイトは社員とは違い、収入が安定しないため、急にお金が必要になることもあるでしょう。貯金などがあればそういう状況でも対応できますが、そうでない方もいるはずです。そういうときに便利なのがカードローンです。

カードローンと契約をしておけば、いざお金が必要なときでもすぐにお金を準備することができるので安心感があります。ですが、アルバイトではそのカードローン自体を契約できるのか不安な方もいますよね。結論から言うと、アルバイトでもカードローンは利用できます。

カードローンの利用条件は2つです。1つ目は20歳以上であること。2つ目は安定した収入があることです。アルバイトの方でも20歳を超えている方なら毎月それなりの収入があると思いますので、カードローンの利用条件を満たすことができます。ですから当然、アルバイトの方でもカードローンを利用することができるのです。

ちなみに私もアルバイトをしていたときにカードローンを利用することができました。2社から借入をし、160万円位の融資を受けることができたのです。1社目はプロミスで50万円。2社目はアイフルで110万円です。そのほか、クレジットカードのキャッシング枠として2社のカードがあり合計で30万円の枠をもらえました。ですから、アルバイトでもカードローンを利用することができるということをまずは知って下さい。

アルバイトの方が利用できるカードローンは3種類あります。1つ目は銀行などの金融機関から借りるローンです。2つ目は、アコムなどの消費者金融から借りるローンです。3つ目は、クレジットカードのキャッシング枠を利用するローンです。順番に見ていきましょう。

銀行系のローンは、審査が厳し目の分、借入限度額が高いし金利が消費者金融と比べて低いという特徴があります。上限金利は消費者金融よりも3%以上低いです。審査に自信のある人は銀行系のローンを利用するのが一番良い借り方になります。ちなみに私は借入をしたときに、銀行系のローンの存在を知らなかったため、わざわざ金利の高い消費者金融を利用してしまいました。勿体ないです。でも銀行系の場合審査で落ちていたかもしれませんが。

消費者金融のローンは、審査がかなり甘いため収入があれば大抵の方は審査に通過することができるでしょう。借入の入り口が広いため大きな借入はできませんし、金利も高いです。消費者金融は貸金業者に属するので年収の3分の1までしかお金を借りることができない規制があります。銀行系の場合はこの規制がないため、年収に関わらずお金を借りることができるのです。消費者金融は、どちらかと言うと短期的に少額のお金を借りるときに便利なカードローンです。

クレジットカードのキャッシング枠は、もし今クレジットカードを持っているならキャッシング枠があるかどうか見てみましょう。契約する際に枠をもらっていればすぐにお金を借入することができます。こちらも貸金業者になるため、年収の3分の1までしか枠は作れません。

以上、アルバイトの方でも作れるカードローンは3つあることが分かりました。その中でも銀行系のローンは、借入額や金利が優遇されるためアルバイトの方が利用するならおすすめのローンになります。

アルバイトで現実的なカードローン

如何でしょうか?アルバイトの方がカードローンを利用するなら銀行系のローンを最優先に考えていきたいところです。ただ一点だけ問題があるんですよね。それは銀行系のローンはアルバイトの方が申し込むには審査の壁があるということです。

銀行系のローンは、銀行がお金を貸し出すためそれなりの信用情報と属性がなければ審査の壁を通過することは難しいです。もちろん、アルバイトだから絶対に審査に通過できないという訳ではありません。アルバイトでも属性が高ければ十分勝負ができます。属性とは、勤務年数や勤務先、年収などの審査項目になります。それと合わせて信用情報と一緒に評価されるのです。

アルバイトの方が銀行系ローンを利用する上で一番重視されるのは勤務年数と年収になるでしょう。勤務年数が長ければこの先も安定した収入があると考えられるため銀行系ローンでも審査の際に有利になります。また年収もある程度あれば返済能力があると判断されるため、少ない人に比べて有利です。他にも審査項目はありますので全体的な評価がどれくらいになるかが大切です。

とは言え、審査は業者の担当者が行うものですからこちらで頑張ってもどうしようもありません。あとは天に運命を任せて審査が通過するのか待つしかありません。これだけ優遇されたローンですから、ダメ元でも一度銀行系のローンに申込んでみる価値はあるでしょう。

それでもどうしても審査に落ちてしまう場合は仕方がありません。他の選択肢を考えましょう。次に利用できるローンは消費者金融からの借入です。消費者金融の場合、よほど印象が悪くない限り収入さえあればアルバイトの方でも審査に通過することはできます。

ただし、消費者金融は年収の3分の1までしか借入することができないため、どれくらいの年収かによっていくら借りられるのか変わります。もし年収が100万円なら33万円までしか借入ができないのです。消費者金融は少額の借入がメインになりますので、その分金利も高くなるのは仕方がありません。それでもお金を借りたいということでしたら消費者金融も利用できるということを覚えておいて下さい。

消費者金融の借入は一見デメリットが多そうな気がしますが、メリットもあります。それは短期間で返済すれば利息の影響が殆どないことです。いくら金利が高くても少額の借入をしてすぐに返済することができれば殆ど利息が付かない状況で完済することができます。

また消費者金融の大手は、初月に限り利息がつかない無利息キャンペーンをしていることが殆どですから、初月に完済することができれば1円も利息を支払わなくても済むのです。ですから返済計画をしっかり立てた上で利用するなら消費者金融は手軽にお金を借りられるという点ではかなり役に立ちます。

消費者金融を利用する際に、高額の借入を長期的にすることだけはおすすめできません。ローンは借入額の大きさと金利の高さによって利息がどんどん増えていきます。消費者金融は借り方によってはそのどちらも満たしてしまう恐れがあるためかなり危険なのです。高額の借入をする方は本当に借りても返済していけるのか事前によく考えた上で利用しましょう。

アルバイトの方がカードローンを利用するなら

今まで説明した通りアルバイトの方がカードローンを利用するときに一番お世話になるのが消費者金融です。今消費者金融のメリットとデメリットを紹介しましたが、実際に利用する際はどのような形で借入と返済をしていけば良いのか考えていきましょう。

まず年収がどれ位あってどれ位の借入をするかです。10万円程度の借入をするなら金利の高さはそれほど気にする必要はありません。ただし、完済計画はできるだけ短めに設定しましょう。10万円を18%の金利で借りて3回で返済する場合、毎月の返済は34833円で最終的には3000円の利息だけ支払うことになります。短い期間ならこれだけの利息で済むのです。次は12回払いで見てみましょう。12回払なら毎月9000円前後の返済が必要になり、最終的には9750円の利息を支払うことになります。返済期間を長くしても借入額が少額なため金利が高くてもそんなに利息の影響は受けないことが分かりますよね。

では次は50万円の借入をする場合でみてみましょう。50万円を18%の金利で借入3回で返済すると、毎月17万円前後の返済が必要で最終的には15000円の利息を支払うことになります。次に12回払いで見てみると、最終的に48750円の利息を支払うことになるのです。

如何でしょうか?金利が高くても借入額が少ないとそんなに利息は増えていきません。ですが借入額が大きくなると一気に利息が増えていくことが分かりますよね。それでも返済期間が短ければかなり利息の負担を減らすことができます。ただ、高額な借り入れの場合、一回あたりの返済額がかなり高額になるため現実的には厳しいでしょう。競馬やギャンブルで大金を手にしない限りは一括で返済するのはアルバイトの方には無理があります。

ですので、現実的な返済ができる金額で借入額をどれ位にするのか決めてから借入をするのが最善の策です。計画性のない借入は破滅の道に進むだけですのでよく検討してから利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加