お得なカードローンの申し込み

カードローンの申し込みで知っておきたいこと

カードローンを利用しようと考えた場合、どのような方法で申し込みしますか?「え?申し込み方法?そんなのあるの?ただ申し込みをすれば良いのだと思っていた」という方が結構いるみたいですね。カードローンに申込みをする際にいくつか大切なポイントがあります。このポイントを抑えておくことで、よりお得にカードローンを利用することができるのです。

お得というのはカードローンの場合、利息をできるだけ抑えることを言います。カードローンはお金を借りた瞬間から利息が発生しますが、どの業者を選ぶかでその額に差が出てくるのです。ですからただ申し込みをすれば良いと思っている方は当サイトの記事を読まないで申し込みするとかなり損をすることになりかねません。当サイトでは色々な角度からよりお得なカードローンを選ぶための情報をお伝えしていきます。少しでもお得にお金を借りたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

まずカードローンについてです。カードローンとは銀行などの金融機関が個人に担保なしでお金を貸し付けるサービスのことを言います。担保がなくても良いので借り入れの壁が低く利用しやすいローンとなっています。その代り、利用するためには、20歳以上であること、安定した収入があることが必要です。

カードローンと似たようなものにキャッシングというものがあります。キャッシングとは、貸金業者が行うサービスのことです。本質はどちらも同じで、お金を貸して利息を受け取るシステムになっています。貸金業者とは、アコムやアイフルと言った消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を提供している業者を指します。どこからお金を借りるかでその名前が変わるのです。

どちらからでもお金を借りることはできますが、金利や貸付金額などがかなり異なるためどういう風にお金を利用して返済していくかでどちらを選ぶか決めなくてはいけません。カードローンは、キャッシングよりも金利が低く、貸付金額も高額です。キャッシングは金利が高く、貸付金額は制限されますが、審査は甘いです。どちらもメリットがあります。しかし、トータルで見るとカードローンの方が格段にお得です。

金利がかなり低いため、6か月以上の返済計画を組むなら絶対にカードローンをおすすめしたいです。しかし、どの業者と契約するかによって金利がかなり異なるため、業者選びはとても大切な要素になります。カードローンは低金利だからと言って、どの業者で申込んでも同じではないので注意しましょう。

ちなみに、法律で定められている金利の上限は18%で、これを法定金利と言います。キャッシングを利用するとほぼ、この法定金利が適用されます。カードローンの場合の上限金利は平均で14%位です。大きな金額を借りるとなるともっと金利は下がります。5%以下で貸付している業者もあるのです。この様にカードローンとキャッシングを申し込みするのでは、トータルで支払う利息にかなりの差が生まれるため、最初に利用するローンはカードローン以外は選択肢から外してもかまいません。

カードローン申し込みのメリット

同じお金借りるにしてもカードローンとキャッシングではかなり違うことが分かりました。申し込みの際の優先順位はこれで分かりましたね。では次はメリットについて紹介していきます。

まずキャッシングのメリットは一つだけです。それは申し込み時の審査が甘いことです。金利は高いですし、借入額は制限があるため少額のお金をすぐに返済できる方以外におすすめできません。金利の高い業者からお金を借りて、長期間に渡って返済するとかなりの利息の負担になります。しかし、高い金利でも返済期間が短ければ利息の負担はかなり軽くなります。そのため、お金を借りたらすぐに完済できる計画が立てられる場合に利用するのがおすすめです。

ちなみに借入額に制限があると言いましたが、これは総量規制によるものです。貸金業者がお金を貸すときは年収の3分の1までしか貸せないことになっています。ですので、借りられるお金には制限があります。収入の高い人は沢山借りられて、少ない人は少ししか借りられないのです。こういった部分はデメリットですが、消費者金融の場合、とにかく審査が甘くて、すぐにカードを発行してくれるためかなり人気があります。申し込みからカード発行まで1時間程度で済むのです。

では次はカードローンのメリットです。こちらは先ほども紹介しましたが、金利がかなり低いことが挙げられます。キャッシングと比べると2倍近くも金利が下がることがあるため、利息の負担はかなり軽くなります。また、キャッシングとは違い総量規制というものが存在しないため、年収によって借入額が影響されません。ですから、年収の低い人でも高額なお金を借りられる可能性は高いのです。

その代り、キャッシングと比べると審査の基準は高くなっているため、信用情報がある程度の水準の方でないと厳しいかもしれません。また、貸付の条件として、アルバイトやパート、主婦の方はお断りしている銀行もあるため、申し込みの際の壁はキャッシングに比べると高いと言えるでしょう。

では実際に、金利について比較してみましょう。金利の比較でどれ位の利息差が生まれるか分かるのです。まずカードローンで70万円を12%の金利で借りるとしましょう。返済期間は1年です。最終的に支払わなければいけない利息の額は、45496円になります。これが高いのか低いのかはキャッシングと比較してからにしましょう。

次に、キャッシングを利用して70万円を18%の金利で借りるとしましょう。こちらも返済期間は1年間です。最終的に支払う利息の額は、68250円です。両者を比較すると、1年で返済した場合、約20000円の差が生まれることになります。同じ金額で申し込みをしたのに、借りる業者によって20000円もの差が生まれるのはもったいないと思いませんか?

こういうことがあるため、申し込み時の業者選びは慎重に進めていく必要がありますよね。

カードローン申し込みに必要なもの

では最後はカードローンを申し込みする際に必要なものから流れなどについて詳細にお伝えしていきます。お金を借りるときは色々と不安があるものですが、事前に情報を知っておくことで少しでも不安感を取り除くことができるためぜひ覚えておきましょう。

ではまずは申し込みの流れから説明していきます。ネットなどで業者を探す、または近所の銀行のローンを利用するなど探し方は色々ありますが、とりあえず申し込みをする業者を探したと仮定してお話を進めていきます。まず申し込みの際に最初に来るのが、必要事項の記載です。銀行系のローンは店舗を持たないことが多く、殆どの場合は郵送による書類送付が必要になります。ですので申し込みをする際は、最初にネットで申し込みフォームに必要事項する、または電話で申し込み用紙を送付してもらうことになります。今ではネットでの申し込みはフォームに記載するとすぐに審査に入りますのでネットを利用した方が便利かもしれません。

業者によっては、審査が2段階に分かれていることがありますが、大抵の業者は一度の審査で終わることが多いです。まず業者は申し込みの際に記載した個人情報を信用機関に照合してお金を融資しても良いかどうかを判断します。そして、一定の基準を満たした方には可決の連絡がいきます。満たない方には否決の連絡がいきます。可決した場合は、在籍確認といって、申し込みの際に記載した勤務先に本人が在籍しているかどうかを確認する連絡があります。それをクリアすれば、すぐに融資してもらえるようになるのです。

銀行系のローンの場合、店舗でカードを発行するところはあまり多くないため、可決した場合、後日自宅に契約書などが送られてきます。その書類に必要事項を記載し返信すれば良いのです。ちなみに、借入は審査が可決された時点で可能ですので、当日のうちに振り込みという方法で融資ができるのです。ただし、金融機関の営業時間である15時までには振り込みしてもらわなくては当日中にお金を利用することができないので、どうしても当日中にお金を利用したい人は早めに申し込みをして審査を終わらせる必要があります。

次は申し込みの際に必要なものです。カードローンは担保が不要のためそういった書類は必要ありません。必要なのは身分証明書(免許証、保険証など)、それから借り入れ金額が高額になる場合、収入証明書が必要になることがあります。借入額がそれほど大きくない場合は、身分証明書だけで十分です。その代り、身分証明書に記載されている住所などは今住んでいるところであることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です