学生でもカードローンは利用できる

学生向けのカードローンとは

学生の方でお金に困っている方は結構いると思います。その中でもカードローンを利用したいと考えている方がいますが、結論から言うと、学生の方でもカードローンを利用することはできます。ですので、お金に困ってどうにかしたいと思っている人は安心して下さい。当サイトでは学生でも借りられるカードローンについて紹介していきます。

学生と言っても、その範囲は決まっています。高卒以上の大学生、短大生、予備校生、専門学校生が対象です。高校生以下の方は学生ですが、カードローンを利用することができません。また、殆どのカードローン業者は利用条件として20歳以上であることを条件として付けているため、学生の方でも20歳以下の方は利用ができません。中には18歳以上でも学生であれば利用できるカードローンも存在します。また社会人の方でも学生のときにその業者のローンを利用していれば学生でなくても借り入れができたりします。

もう一つの条件としては安定した収入があることです。カードローンは担保や保証人が不要の融資になるので安定した収入がなければ借入をすることができません。また収入があっても、年収の3分の1までしか借り入れすることができないため、収入の低い学生は借入できる範囲がある程度限られてきます。

学生の方がカードローンを利用する際に選択できる業者は色々あります。まずは銀行系のローン、それから消費者金融、学生ローンです。銀行系のローンは審査の基準が高いため、学生の方が現実的に借りられるとしたら消費者金融や学生ローンになるでしょう。

私のおすすめとしては学生の方がカードローンを利用するなら学生ローンが良いと思います。消費者金融に比べて学生ローンの方が金利が低いからです。特に収入の低い学生の場合、金利によって利息が膨らむのはリスクが高いですからできるだけ金利の低い学生ローンを利用するのが得策です。

学生ローンを利用する際は学生証と身分証明書などがあれば誰でも申し込みをすることができます。消費者金融などの場合、融資をするにあたりアルバイト先などに在籍確認をすることが基本となっていますが、学生ローンではその在籍確認をしない業者もありますので、プライバシーの配慮も考えてくれているため誰にも知られたくない方にとってはかなり優しいカードローンと言えるでしょう。

多くの学生ローンを対象とした業者が集まっているのが東京の高田馬場です。高田の馬場には沢山の学生ローン業者があります。ただ、日本全国で考えた場合、学生ローンを展開している業者はまだまだ少ないのです。そうなると、東京以外に住んでいる方は学生ローンを利用できないのか?と思うかもしれません。でも安心して下さい。学生の方であれば日本全国どこに住んでいても電話やネットで申し込みができるので、近所に学生ローンの業者がなくても利用することが可能です。

学生向けカードローンの流れ

学生の方がカードローンを利用するなら学生ローンがおすすめであることが分かりました。では実際にこれらのローンに申込む際はどのような手続きがあるのかについて触れていきましょう。初めてカードローンを利用する方は流れを知ることで申し込みの不安を少しでも解消することができると思います。

まず近くに店舗がある方の場合です。近くに店舗がある方の場合、直接店舗に行って窓口で申し込みをする方法があります。窓口に行くと席に座るように案内されますので、案内に従い席に座って担当者の指示に従い申込書を記入しましょう。申込書とは名前や住所、連絡先から勤め先や他社の借入状況を記入するものです。申込書の記入が完了すれば次は審査に移ります。審査時間は30分程度で済みますのでそれが終わるまでは少し待つことになります。無事に審査に通過すればすぐにカードを発行してもらうことができるので必要な分のお金を借入しましょう。これが窓口での流れになります。

次は電話で申し込みをする方法があります。近くに店舗がない方や近くに店舗があっても対面で申し込みをしたくない方は電話で申し込みができます。電話をすると担当者が色々と聞いてきますので返答することで申し込みが進んでいきます。それから審査が始まって無事に通過すれば当日の内に銀行振り込みで融資が可能です。申し込みの際の必要書類はメール送信で対応しています。ただし、融資が決定された場合は後日自宅に契約書が送られてくるので記載して返送しなくてはいけません。また、電話申し込みの場合、借入方法が銀行振り込みとなるため、銀行の窓口営業時間である15時までには手続きを済まさなくてはいけません。

次はネット申し込みです。こちらも電話申し込みとほぼ一緒で、近くに店舗がない方や自宅から申し込みをしたい方向けです。流れは電話での申し込みと同じなのでどちらを利用するかは好みで分かれます。

この様に学生ローンの申し込み方法は3つあることが分かりました。一番便利なのは自宅から電話やネットで申込む方法だと思います。わざわざ店舗まで行かなくても良いからです。ただ、後日契約書を再度記載して返送しなくてはいけないため、それが嫌な方は店舗で直接契約をした方が良いでしょう。

学生ローンではなく、消費者金融からお金を借りる場合も同じです。申し込み方法は店舗、電話、ネットがあります。何かしらの事情があって学生ローンではなく消費者金融からお金を借りたい人も同じ様な流れになることは覚えておきましょう。

学生向けカードローンの使い方

さて、学生向けのカードローンについてある程度お伝えしてきたので、もしかしたら実際に申し込みをしたいと思っている方もいるかもしれません。学生ローンは消費者金融と比べて金利が優遇されているため、学生の様な大きな収入のない方にとっては利息の負担を減らすことができるため都合の良いローンではあります。

しかし、それでも利息は必ず発生する訳ですので使い方を間違えれば学生の内から多重債務になる可能性だってあるのです。最後は、カードローンでできるだけ利息の負担を減らす方法についてご紹介しましょう。

学生ローンと消費者金融の金利について比較してみましょう。消費者金融の場合、どの業者で契約をしても金利は18%になると思って下さい。学生ローンも大抵の業者の金利は同じで17%です。実は学生ローンと消費者金融の金利差は1%程度なのです。

なので実際にお金を借りて返済していく中で負担する利息の金額はそれほど変わるものではありません。正直言うと、学生に対して17%の利息を取るというのは結構エグイと思います。もし学生なのにカードローンを利用して1年以上も返済することになれば利息だけでかなりのお金を無駄にすることになるのです。

学生ローンを利用するなら、短期間の中で完済できるようにしましょう。できることなら借りたお金は1か月以内に返済できれば望ましいです。一か月での完済なら金利が17%でもほとんど金利による利息の負担はありません。ですが、返済期間が長引けば長引くほどどんどん利息は膨れ上がっていきますので、どんなに長くても3か月以内には完済できるようにしたいです。

もし3か月以内で完済できない様な借り入れになるのでしたら、学生ローンを利用することは見送ったほうが良いです。そうしないと、最終的に返済に追われることになり、学業やアルバイトどころではなくなるからです。折角学ぶために学校に行っているのですから、借金が原因で学業をおろそかにして返済のために働くのはナンセンスですよね。

そういう訳ですから、カードローンを利用する際は、どれ位の借入なら3か月以内に返済できるのか自分の収入と相談して決めるのが良いです。もし10万円を借りることになれば、毎月35000円位の返済になりますが、毎月それ位の返済をして生活はしていけるのかよく考えましょう。

それから学生さんの中には遊ぶお金欲しさにカードローンを利用する方がいますが、特にギャンブルや浪費をするためにお金を借りるのはおすすめできません。ギャンブルや浪費はいくらお金があっても足りません。次から次へと欲求が増えていきますので、もしそんな方がカードローンを利用すればすぐに融資枠いっぱいまで使い切ってしまいます。あげくの果てに2社目、3社目と借り入れを増やして借金地獄に陥ってしまう方もいるのです。

カードローンはあくまでも何かあったときの最終手段として利用する方が良いでしょう。できる限り生活に必要なお金はアルバイトや仕送りで賄うのが基本です。

以上学生でも利用できるカードローンについて紹介してきました。利用を検討している方はこれらの情報を活用してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加